スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

貯金体質と借金体質。

私は昔から、どちらかと言えば貯金体質でした。


これは、両親の影響を強く受けています。

父から

「借金だけはするなよ。何かあった時に、月賦で買って金が払えなくなったら
物を持っていかれるんだからな。」

と、教えられ子供ごころに『借金は恐ろしい事』とインプットされたのです。

母は家計簿をつけるひとではありませんでしたが、毎月のやりくりの中で
赤字を出さずにしっかりと家計を握っている人です。

こんな堅実な暮らしの両親を見て育った私。

両親に迷惑をかけたくなくて、修学旅行の時はお小遣いを浮かせて
残ったお金で修学旅行の写真を買いました。

高校時代の私のお小遣いは2000円でした。

これは同級生の中でも、かなり少ない方だったとは思いますが・・
田舎の高校生はそんなにお金を使わなくても遊ぶ事が出来たので
なんとかなりました。

私はその中で、半分の千円を貯金し残りの1000円は自由に使うお金に
していました。

同級生の夫のお小遣いは定額制ではなく
『欲しい時にもらう。』というお小遣い方式だったんですよ。

一か月に5000円くらいは、使っていたんじゃないでしょうか。

普段から菓子パンを買ったり、買い喰いに使うことが多かったんですよね。

あっ・・・。

今の娘と同じだ

やはり血は争えないわ(苦笑


どちらが良いかというと、やはり私のお勧めは定額制ですね。

決まった金額の中で自分の欲しいものに優先順位をつけてやりくりすることを
学ばないと大人になってから困ります。

なので・・夫は、見事に借金体質。


欲しい物は先に買ってしまい、後から分割で支払うから
私がローン会社に変わって、立替え払いした事もありますよ。


基本的に貯金体質は「いくら残せるだろう」と考え

借金体質は「あと、いくら使えるだろう?」と考えているんじゃないかしら。


夫にその話を振ると「うん。そう思ってる。」ですって(苦笑

夫が気前の良いお陰で、私も美味しい事が沢山あるんですよね。

お小遣いの範囲なら、好きに使ってもらって結構。

欲しい物があるならば、コツコツと貯めてから買いましょう。


お金に関しては夫婦で正反対なので、バランスが取れているのかな~


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村
スポンサーサイト


◇家計管理 | 【2010-07-26(Mon) 23:18:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 片付けたい人の夢を叶える整理収納・札幌千歳 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。